忍者ブログ
年も考えずいいおじさんが、KSR110で ミニツーリングと サーキット等で 遊んでいるブログです。 
162  161  160  159  158  157  156  154  155  153  152 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

R側を 製作に当って レイアウトの 段階で キック

ペダルが 踏み降ろせれ無いと 言うことが 判った

ので KSR XRとかの 社外品で ブレーキ

ペダルが 跳ね上がるタイプが 合ったのを思い出し 

そのタイプで 作らせていただきました・・・・。

         

 

 

IMG_9815-b.jpg

 

 

しかし 跳ね上がるのはいいんですが

通常 使う時に 勝手に上がられると困りますので

おじさん この部分の レイアウトで 2日ほど

無い頭で 考えて ようやっと 出来上がりました。

 

 

IMG_9830.jpg

 

 

これが 跳ね上がっている状態で・・・  

 

 

IMG_9832-b.jpg

 

 

跳ね上げた状態での ロック機構のアップは   

 

 

IMG_9811-b.jpg

 

 

ロック機構の ピンの 形状を こんな感じで  

 

 

IMG_9810-b.jpg

 

 

通常時では この削り込んだ穴に 入り 

ロックする仕組みに・・・・・   

 

 

IMG_9807-b.jpg

 

 

この位置が 通常時の位置で ロックされている

状態です・・・・・・・     

 

 

そして ライダーが グローブを した状態でも

ロック解除出来る様に ピン部に リングを・・・・・

        

 

 

 しかし今回の ステップの製作は かなり 

手こずりました・・・・  

 

 

作るセンスと 内の監督の 頭があれば

もっといい物が パパッと 出来るのでないかと 

おじさんの無い物ねだりでした・・・・・   

 

 



   

 

 

PR
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS
TRACKBACK
TRACKBACK URL
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
最新トラックバック
なかのひと
アクセス解析

ジオターゲティング
硫黄島 探訪
 みなさんは硫黄島、正確には東京都小笠原村硫黄島についてご存じでしょうか。第二次世界大戦最大の激戦地の一つといわれていますが、戦後は米軍、後に自衛隊の基地として使われているため、一般の人はなかなか訪問できません。しかしそれだけに激戦の跡、さらには亜熱帯性の豊かな自然が残されているのも事実です。  このページでは普通の人がなかなか行くことのできない硫黄島について、私の訪問記を中心に紹介していきたいと思います。
上部のリンクから先へ
祖父の硫黄島戦闘体験記
私の祖父は昭和61年に他界しました。それからもう20年近くが経とうとしていますが、祖父は「戦闘体験記」なる手記を残していました。祖父は明治45年 (大正元年)生まれで、日中戦争当初から4度にわたって召集を受け、太平洋戦争中は最大の激戦地の一つ「硫黄島」へ従軍していました。戦後、その時の記憶や手帳に書いてあった記録を元に・・・。
上部のリンクから先へ
忍者ブログ [PR]
"おじさん" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY NINJA TOOLS @ SAMURAI FACTORY INC.