忍者ブログ
年も考えずいいおじさんが、KSR110で ミニツーリングと サーキット等で 遊んでいるブログです。 
55  54  53  52  51  50  49  48  47  46  45 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回の ミニモトの参加の 内容を 何回かに 
分けて書きたいと 思います。
あまりにも ネタが 多いもんで・・・・・・・(^^;

今回 バイクの準備が 遅れに遅れ 出発日の
夜 9:00ごろまで パワーチェックを しており
工場に 帰ってきてからも まだ部品の製作を
して 出発したのが 結局フリー走行の 当日 
朝4:00で・・・・・・・・(^^;


IMG_6324.jpg-a-b.jpg



ここ 瀬戸大橋 横断開始。


IMG_6329.jpg-a-b.jpg


このルートで一番 長い橋です。


IMG_6336.jpg-a-b.jpg


助手席から 下の海を 見ると おじさん足が 
すくみます・・・。
おじさん 高所恐怖症ですので 何回 
通っても 怖いです・・・・・。
IMG_6341.jpg-a-b.jpg
参考までに 車での一時停止禁止ですので・・・!


IMG_6341.jpg-a-b.jpg


しかし 本当に 大きな橋で よく作ったな~と いつも思います・・・・。


IMG_6347.jpg-a-b.jpg


鈴鹿に着いたのがAM10:00ぐらいで オープンクラスが もう走っており 睡眠不足ですが おじさん達の テンションも うなぎ昇りで・・・・・?


IMG_6349.jpg-a-b.jpg


午後から STクラスも 走行が始まりました。
オクムラさん 写真UPさせて頂きました・・・・・(^^;

おじさん達の走行時間の一発目は
新組みエンジンと ニュータイプのマフラーの確認の意味で おじさんが 乗りましたが・・・・・・・?
(南海部品の K君 マフラー+燃調 バッチシでした・・。 )

トップスピードは 前回よりも 6キロUPしたんです
けど ちょとトルク感がなく エース君に替り 走行確認してもらいました。
エース君いわく メチャいいとの言でおじさんと 少し違ったので 体重の違いからなのかなと・・・・・・?

なんせ おじさん セイウチ オットセイとか いつも嫁さんに言われていますので・・・・・(^^;


IMG_6350.jpg-a-b.jpg























二回目の走行まで 約一時間しか有りません
でしたが おじさんの独断の判断で マスの
UPにする事にしたので いつものごとくの
ドタバタで 少し走行時間が 少なくなり
ましたが 何とか出来上がりました・・。

このタイプで・・。


IMG_6196-a-b.jpg






















走行後 明日はこの仕様で 行くことに決定に 
なりました。
二人ともタイムは UPしたんですけど この
時点でも 予選通過は 無理かなと・・・・・・・・?

とりあえず明日のレースに向かって準備をと
言いたいのですが おじさん ここ一週間ほぼ
毎日3・4時間しか眠っておらず 睡魔とお腹が
減った W パンチで まだ地獄の 整備が・・・・?

つづく







PR
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS
TRACKBACK
TRACKBACK URL
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
最新トラックバック
なかのひと
アクセス解析

ジオターゲティング
硫黄島 探訪
 みなさんは硫黄島、正確には東京都小笠原村硫黄島についてご存じでしょうか。第二次世界大戦最大の激戦地の一つといわれていますが、戦後は米軍、後に自衛隊の基地として使われているため、一般の人はなかなか訪問できません。しかしそれだけに激戦の跡、さらには亜熱帯性の豊かな自然が残されているのも事実です。  このページでは普通の人がなかなか行くことのできない硫黄島について、私の訪問記を中心に紹介していきたいと思います。
上部のリンクから先へ
祖父の硫黄島戦闘体験記
私の祖父は昭和61年に他界しました。それからもう20年近くが経とうとしていますが、祖父は「戦闘体験記」なる手記を残していました。祖父は明治45年 (大正元年)生まれで、日中戦争当初から4度にわたって召集を受け、太平洋戦争中は最大の激戦地の一つ「硫黄島」へ従軍していました。戦後、その時の記憶や手帳に書いてあった記録を元に・・・。
上部のリンクから先へ
忍者ブログ [PR]
"おじさん" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY NINJA TOOLS @ SAMURAI FACTORY INC.