忍者ブログ
年も考えずいいおじさんが、KSR110で ミニツーリングと サーキット等で 遊んでいるブログです。 
1  2  3  4  5  6  7  8 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    < ハンドル レバー 編 >
おじさん 昔 若い時に ミニバイクの オフの 
耐久に 良く出ていたんですけど 良く転んで 
レバーを 折っていて 先輩に レバーの
ホルダーを 少し緩めて置くと 
(手で叩いたら動く程度に)転んだ時に 動いて
レバーが 折れずに済むと言う事を教えて
もらったんですヨ・・・・・・・・・。


IMG_6612.jpg-a-b.jpg





















有りましたよ・・・似た機能を持つ奴が・・・・。
ダートフリークの カタログの中に・・・。
確か 一個2000円 ちょとだったと 
思いますけど・・?

そして動いても 又同じ所に 合せれるように
ついでに マジックで マーキングもして・・・・・。
PR
  < ステップ R/L セット編 >
ステップは 暫定仕様で 合同走行会まで 
使用していて本戦まで このままで行く
予定でしたが・・・・・・・?

タイムが上がって来ると 擦り始め・・・・・・・(^^;
結論から言うと ストライカー製のステップ位置
辺りまで上げないと もろに擦るということで・・・。
仕方なく もう一回 作り直す事になり 
ついでに プラス・・・・・で・・・・・・・。


IMG_6605.jpg-a-b.jpg





















こんな感じで ステップは バトルファクトリー製で (安くて 滑りも無く メンバーには好評でしたけど 足を ぶつけた際も 最高でした・・・・・(^^; )


IMG_6606.jpg-a-b.jpg





















固定は フレーム二ヶ所と ブレーキマスターの
二ヶ所で 固定して ついでに ヒールプレートも・・・・・・(^^)

おじさん 足はつま先で乗るので こんな形で・・。


IMG_6607.jpg-a-b.jpg





















こんな感じで・・・・・・・。


IMG_6615.jpg-a-b.jpg


ブレーキペダルは ノーマルを 切った貼ったで 一応 可動タイプで・・・・。


IMG_6617.jpg-a-b.jpg






















こちらも バトル製の ステップとペダルで ペダルは こちらも可動タイプで・・・・・・・。
ペダルの可動部は Dトラッカーのペダルの先だけを切って 使っています。


IMG_6619.jpg-a-b.jpg


こんな感じで 継ぎ足しています。


IMG_6621.jpg-a-b.jpg


あと ベースのプレートは 下二ヶ所と ピボットシャフトの頭に M6のネジを切り+カラーを挟み 計三ヶ所で 固定で・・・・・。

まあまあいい出来かなと 自己満足で・・・・・・・?

しかし おじさん ヘアピン先のシケインで 一回だけ 少しだけ擦りました。

おじさん 体重が なんせ重たいので・・・・・(^^;











   < スイングアームのシム調整 >
スイングアームの サイドクリアランスと カラーと 
シャフトのクリアランスの件なのですが・・・・(^^;


IMG_6569.jpg-a-b.jpg


スイングアームと 中に入っている 貫通のカラーのクリアランスは 問題は無いのですが・・。 
このカラーの全長が フレームの内幅に対して少し短い様で・・・・・・・・!


IMG_6573.jpg-a-b.jpg


それと そのカラーと 取り付けるシャフトのクリアランスが 多少あり この二点のせいで スイングアームを 動かして見ると( タイヤを 浮かした状態で ) 結構 動くんですよ・・・・・。
特に カラーとシャフトの関係で・・・・・。 


IMG_6567.jpg-a-b.jpg


そこで おじさんは シム調整( カラーとフレームの間にワッシャーを )して見ると かなり良くなりました。

そして 同じ様に スイングアームの 全幅と フレームの内幅の差の シムを 入れると もうガタはありません・・・・・・(^^)

その成果か わかりませんが リヤタイヤを 手で回すと 良く回る様に なりました・・。




    < セルフロックナット編 >
バイクを 街中で 走らせている分には 問題は
ないのですが サーキットで 走らせると いつもは
緩まない所が 緩むことが 多々在るので・・・・・・?


IMG_6472.jpg-a-b.jpg


おじさんの バイクは エンジンハンガーのナットが 緩んだことが 在りましたので セルフロックのナットを 使うようになりました。


IMG_6474.jpg-a-b.jpg






















ここは緩んだことは 無いのですが ついでに・・・・・(^^; 

IMG_6471.jpg-a-b.jpg





















ここはダブルナットですが おじさんめんどくさいので
ここにも セルフナットを・・・・・・・・。

あと ついでに ゴムチューブを 差し込んで・・・・・。
転倒した時に 引っ掛け無い様に・・・・・!


IMG_6576.jpg-a-b.jpg


ここは 動く所なので ついつい締めすぎるので 締め過ぎない様 ここにも・・・・・・・。


IMG_6580.jpg-a-b.jpg






















ついでに 上側にも・・・・・・・。







  < ワイヤーロック編 >
オイル漏れ関係のトラブルは 本人も大怪我する
可能性もあり 又他人にも 迷惑を 掛けますので
おじさんは この部分に付いては 出来る限り
ワイヤーロックを する様に しています・・・・・。


IMG_6540.jpg-a-b.jpg


おじさんの場合は ドレインボルトは 油温計を 使っていますので ボルトを締めた上に ホースバンドを取り付けその上から ワイヤーロックで・・・・・。


IMG_6493.jpg-a-b.jpg


あと レギュレーションでは オイルの 注入口も 必要なので ここも・・・。
最低ここまでは やらなくてはいけないのですが 
おじさんは 上にも書いた様に あと他にも・・・。


IMG_6546.jpg-a-b.jpg


この メンテナンスカバーも ワイヤーロックを
します。
なにせ 下向きなので・・・・。


IMG_6486.jpg-a-b.jpg


あと おじさんは 油圧系の所にも・・・・・・。
油圧系は 漏れると出る量も半端でなく エンジンも致命的なダメージに なりますので・・・・・。

スプリントなら何とかなっても 耐久は・・・・・。 


IMG_6490.jpg-a-b.jpg


ここも・・・・・・。


IMG_6545.jpg-a-b.jpg


この フィルターカバーも・・・・・。

あとついでに・・・・・・!







カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
最新トラックバック
なかのひと
アクセス解析

ジオターゲティング
硫黄島 探訪
 みなさんは硫黄島、正確には東京都小笠原村硫黄島についてご存じでしょうか。第二次世界大戦最大の激戦地の一つといわれていますが、戦後は米軍、後に自衛隊の基地として使われているため、一般の人はなかなか訪問できません。しかしそれだけに激戦の跡、さらには亜熱帯性の豊かな自然が残されているのも事実です。  このページでは普通の人がなかなか行くことのできない硫黄島について、私の訪問記を中心に紹介していきたいと思います。
上部のリンクから先へ
祖父の硫黄島戦闘体験記
私の祖父は昭和61年に他界しました。それからもう20年近くが経とうとしていますが、祖父は「戦闘体験記」なる手記を残していました。祖父は明治45年 (大正元年)生まれで、日中戦争当初から4度にわたって召集を受け、太平洋戦争中は最大の激戦地の一つ「硫黄島」へ従軍していました。戦後、その時の記憶や手帳に書いてあった記録を元に・・・。
上部のリンクから先へ
忍者ブログ [PR]
"おじさん" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY NINJA TOOLS @ SAMURAI FACTORY INC.